So-net無料ブログ作成

中国政府、Googleに対し「我々に従わないのなら消えろ」と警告

あるAnonymous Coward 曰く、中国のインターネット規制当局のトップは、「法律に従うか、そうでないなら責任を取れ」とGoogleに迫ったそうだ(本家記事)。インターネット検索の検閲をめぐり中国当局と米Googleとの間では数カ月に及ぶ交渉が行われている。中国工業情報化部のトップはこの件に関し「中国の法律や規制に従わないということは、非友好的であり、無責任であるということであり、その代償は求められる」との見解を示した。当局は「中国からの撤退判断は彼らに委ねられてはいない」とも述べ、従うか撤退かの二者択一であり、中国側に妥協する意思はないとの強い姿勢を示したそうだ。また「(Googleが)撤退したとしても中国のインターネット市場の発展は続いていく」とのことで、検閲は国と国民の権利を守るために必要であり「安定や、人々に有害と判断される情報をブロックするのは当たり前である」とも述べたそうだ。なお、最新の報道によるとGoogleの99.9%の確率で中国から撤退することが確実とみられているそうだ。スラッシュドットのコメントを読む | 検閲関連ストーリー:サイバー攻撃の発信源として使われる中国 2010年02月23日Google、中国で Android 携帯 2 種を発売延期に 2010年01月21日Google へのサイバー攻撃、内部関係者が関与か ? 2010年01月21日Google、中国支部の閉鎖を正式決定? 2010年01月16日中国、Google にポルノ対策で Google サジェスト機能停止等を要求 2009年06月22日

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。